最も始めやすい在宅副業はWEBライター!始め方は?

WEBライターという仕事があります。活動が雑誌などの紙面ではなく、インターネット上限定のライターと言えば、わかりやすいでしょうか。もちろんプロとして、WEBライター業務だけで食べていける人もいるでしょうが、ほとんどの人が副業として行っていると思われます。

このWEBライター、実は結構気軽に始められます。「仕事をして欲しい人」と「仕事を探している人」の仲介役になるクラウドソージングサービスに登録をすればいいだけなのです。

 

クラウドソージングサービスとは?

有名どころは「クラウドワークス」や「ランサーズ」です。

クラウドワークス

>>クラウドソージングの登録はこちら

 

ランサーズ

>>ランサーズの登録はこちら

 

どちらもサービス内容に大きな差はありません。しかし両方に登録すれば、より色々な仕事をもらえる可能性が高まります。

 

登録方法と仕事の始め方

では、クラウドワークスを例にとって、登録方法と仕事を見てみたいと思います。

ログインをするためにはまず無料の会員登録をし、アカウントを作成するという方法があります。それ以外にもFacebook、YahooID、GoogleIDといった他社のアカウントから簡単にログインをすることもできますね。

 

WEBライターとしての仕事は記事や文字の単価が良い「プロ向け」がありますが、それなりの技術と経験が求められます。そのため初心者の方には「タスク」から始めることをおすすめします

クラウドワークスの登録は無料ですが、サービスを使用する際には手数料がかかります。けれどもタスクでしたら手数料は無料ですし、仕事も難しくないものばかりなのでライター初心者なら挑戦しやすいと思います。

 

気軽に始められるだけあって、単価も安いといった事情もあります。日記を400字で21円なんて仕事はざらです。でも、いざ書き始めてみると、意外と書けない!ネタが見つからなかったり、文字数を稼げなかったり。始めはそんなものです。

ただ書いているうちに慣れます。すると、より単価の良い仕事に挑戦できるようになりますよ。始めのうちは「1週間で300円稼ぐ!」くらいの目標でいいのです。継続することで、技術にも収入にもつながりますから。

 

クラウドソージングサービスに登録しないと依頼されない?

もし、自分のブログをすでに所有しているという人は、クラウドソージングサービスを通さず、自分のブログで「記事を書くよ!」とアピールすることもできます。しかし、それにはブログにある程度アクセス数があることが必須ですし、記事を欲しいという人があなたのブログを訪れるのを待たなければいけません。

また、仲介役がいないため、報酬をきちんと支払ってもらえなかったり、契約に関するトラブルなどを自分一人で解決しなければいけなくなります。

そういった時間やトラブルを避けるためにも、WEBライターをするなら、まずはクラウドソージングサービスに登録するのが、一番の近道と言えると思います。

 

コメントを残す