初心者必見!クラウドワークスでの仕事の選び方と、見なきゃ損する手数料のあれこれ

「Webライティング業務を始めよう」と考えて、最初にたどり着くサイトの一つがクラウドワークスではないでしょうか?

ランサーズと並ぶ大手クラウドソーシングサイトで、登録自体は無料なので登録しやすいサイトの1つです。でもいざ登録しても、どんな仕事を選べばいいか迷いますよね?また、支払わなければいけない手数料も結構痛いです。

そこで今回は仕事の選び方と、手数料を減らす方法を紹介したいと思います。

 

仕事の選び方 初心者編

文章でお金を稼ぐことが始めての人や、そもそも文章を書くことが得意でない人は「タスク」から仕事を選ぶのが良いでしょう。

タスクはクライアントが求めている作業をすぐに開始できる、簡易化された小仕事です。「「日常であった出来事」や「転職サイトを使った感想」など書きやすいものが多いです。

ただし、単価がとても安い。400字書いて21円などはざらです。安いですが、タスクで経験を積んで大きな仕事に挑戦するほうが、実績のアピールにもなるので良いでしょう。

 

仕事の選び方 中級~上級者編

まともな文章を短い時間で書けるようになったら、最低でも単価が1字0.5円以上の仕事が良いでしょう上級レベルに達していれば1文字1円でも妥当だと思います

1,000字の記事を1時間で書き上げることができるとしたら、時給1,000円ということになりますよね。1,000字で200円なんて単価もありますが、これだと一日に10本書けたとしてもたったの2,000円。

 

単価が高いと「その分、良い記事を書かなければ」という良いプレッシャーにもつながり、いい記事が書けます。

 

振り込み手数料を安くしたいなら

クラウドワークスの場合、振り込み手数料は受取側の負担になります。楽天銀行の場合は手数料が100円で済み、一番お得です

なお他行だと500円も取られてしまいます。また、小額で随時振込みされると手数料がもったいないですよね?

オプションで「50,000円以上出金方式」や「キャリーオーバー方式」など使用して、無駄な手数料を減らしましょう。

 

システム使用料が結構痛い

「タスク」以外で仕事をした場合、5%から20%のシステム使用料を支払わなければいけません。単価1,000円の仕事でも、実際に受け取るのは800円になるのは痛いですね。

 

手数料を減らす工夫として、クライアントにお願いして「タスク」として仕事をすることがあります。

【○○様(あなたの名前)専用】という形でタスクを作成してもらい、他のライターが応募できない(応募しても承認しないようにしてもらう)ようにすれば、手数料を払うことなく、記事作成料を受け取ることができます。

 

また、中には手数料を負担してくれるクライアントもいますので、同じ単価の仕事なら、そういった人から受注するほうがお得です。

経験を積めば自然とクライアントから条件の良いオファーが届くようになります。まずはタスクから始めて、継続して続けていくことが、稼ぐための近道です。

 

コメントを残す