記事の書き方がわからない!ひな形やテンプレートってないの?

「アフィリエイトで収入を得たい!でも、文章を書くのが苦手」

「文章は書けるけど、1記事作成するのにものすごい時間がかかってしまう」

など、記事の書き方についての悩みがある人は意外にたくさんいるようですね。

そんな人は、記事のテンプレートを使用して書くと良いかもしれません。また、「書いてはいるけど、収入につながらない」という人も、読みやすい文章がかけていない可能性があるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

王道のテンプレートはこちら

  • タイトル
  • 導入部(100-200字程度、タイトル関連の単語をなるべく早めに入れる)
  • 見出し1
  • 内容1
  • 見出し2
  • 内容2
  • 見出し3
  • 内容3
  • まとめ(内容1-3を簡単に。100-200字程度)

「読みやすいな」と思うブロガーの記事は、たいていこのように書かれています。

書き手にとって都合が良いテンプレートは、読者にとっても読みやすくて都合が良いのですね

 

タイトルと導入部の書き方

タイトルには絶対に検索されたい単語と、記事のテーマになる単語を入れるべきです。

ちなみに、頻繁に検索されている単語だからといってタイトルに入れ、記事本文でその単語に一切触れられていないというのはSEO的にはもちろん良くないですし、読者への信頼にもつながりません。

 

タイトル付けで困ったら、「ホッテントリメーカー」を活用してみてはいかがでしょうか?使いたい単語をばーに入力するだけで、自動でタイトルを作成してくれるという優れもの。

しかも、目を引くような楽しいタイトルばかりを作ってくれるので、そのまま使えないにしてもタイトル作りにはかなり参考になります。困ったときには是非。

 

導入部は長すぎると、読者を飽きさせてしまいますので、その辺には気を付けながら書きましょう。そして検索されたい単語を導入部の早めに出すと、SEO的にも有効です。

 

見出しと内容の書き方

これは何個あれば正解というわけではありません。最低2つはあった方が良いし、内容が薄いのに伸ばして5,6個と作ると、薄っぺらくて読み辛い記事になる、というのが私の感想です。
また、見出しの順番として、やはり起承転結がしっかりしている方が、読者を惹きつけやすいです。

商品やサービスを売りたい場合は、メリットだけではなく、デメリットも書くと、「損をしたくない!」という読者の不安を取り除くことができます。

 

まとめの書き方

極端に言えば、「ここだけ読めば記事の内容がわかる」くらいでいいと思います。

記事の内容で一番伝えたいことを簡潔に書くようにしましょう。この部分も長過ぎると、ダラダラしてしまうので要注意です。

 

 

いかがでしたか?

質の良い記事をたくさん書くことが収益につながります。読者にとって有益で読みやすい記事を書くように心掛けると良い記事になるでしょう。

 

コメントを残す