ネット副業は安全?『危険そう…』と踏み出せない人へのアドバイス

「お小遣い稼ぎにネット副業でも始めたい!でも何だか危険そう…」
そう思ってなかなか踏み出せない人もいるのでは?

でも安心してください。100%安全とは言い切れませんが、怪しいこと、危険なことを避ければ、ネット副業は比較的リスクが少なく、安全と言えるでしょう。

では一体、どんな危険があるのでしょうか?

 

個人情報の漏洩

ネット副業を始める上で、様々なサイトに登録する必要が出てきます。その際に名前や住所、電話番号といった個人情報を入力しなければいけません。

 

  1.  SSLを使用しているサイトを選ぶ
    情報を読み取られないよう、暗号化して通信する仕組みです。ログインや換金画面がhttps://とhttpの後にsがついていれば、SSLを使用している証拠です。
  2.  フリーアドレスを使用する
    万が一情報が漏れたとき、すぐに削除できるようG-mailやYahoo mailを使用することをおすすめします。普段使い用とは別に、副業用でアカウントを取得するのもいいかもしれません。
  3.  プライバシーマークを取得しているサイトを選ぶ
    安全性を見極める上で大事な要素です。プライバシーマークを取得しているサイトは、個人情報を守る体勢が整っています。もし、情報漏洩があったとしても、対応に期待が持てるのでは?というのは私個人の感想ですが。

個人情報の漏洩を防ぐためには、こういった点に注意を払うといいと思います。

 

 

登録の際に多額の費用を払わされたり、買わされたりする可能性が?!

登録をし、仕事を始める際にテキスト代やトレーニング料の支払いが発生するものは、まず怪しいと思って間違いありません。

「SEO対策になる」といって、多額の広告料を払わなければいけないサービスなどもあります。

 

また、「ネットで稼ぐ方法」に関する情報商材について、稼ぐためにスピードアップするには、そういった情報を買う事が役立つかもしれませんが、見極めも肝心です。

「簡単に稼げる」「短時間で稼げる」というものほど人は飛びつきやすいですが、稼ぐということはそう簡単でないことだけは頭においておきましょう。

 

まずは自分のできることから始めましょう。ブログを立ち上げるくらいならネットで情報があふれているので、やる気さえあれば誰でもできると思います。

ブログの立ち上げでレンタルサーバー代などが多少かかることはあるものの、基本的に資金の投資がほとんどなくても始められるのがネット副業です。

最初から高額な支払いが発生するものは、避けたほうが無難です。

 

下手をすれば訴訟問題?!

WELQ問題は記憶に新しいと思います。

WEBライター業務やアフィリエイトのブログで誤った知識を公開し、被害者が出ると、訴訟につながる可能性もなくはありません。

特に健康関連や投資関連の記事は、作成する際に注意が必要です。また、公序良俗に反するものを好ましくありません。

 

まとめ

以上の危険を避ければ、危険性も低くなるはずです。

また、ネット副業は誰にも相談せず、一人で始めるケースも多いと思いますが、情報交換をしたり、いざというときに相談できるようなコミュニティに入っておくというのも、安全性を得るための一つの手段でしょう。

 

コメントを残す