アドセンスの審査に通らない原因は?ブログを見直すポイント!

ブログで収益を得たい人なら誰しもが使いたいのが、「Google Adsense」(以後アドセンス)。

広告がクリックされるだけで収益につながるので、ブログ初心者でも収益につながりやすいという仕組みになっています。

 

多くの方がアドセンスのアカウントを取得したいと考えているのですが、意外に審査が厳しく「なかなか審査に通らない」という声をよく聞きます。1度でアカウントを取得できる人の方が珍しいのでは?っていうくらいです。

そこで今回は、なかなかアドセンスの審査が通らないという方の為に、審査に通るために確認しておきたい見直しポイントをまとめてみました。

 

本当にコンテンツポリシーを守れているか再確認しよう

暴力的なコンテンツや個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ、その他公序良俗に反するコンテンツ禁止とされています。

「何をいまさら」と思われるかもしれませんが、これが意外なところで引っかかっている可能性があります。

 

アドセンスのコンテンツポリシーの概念は「ファミリーセーフ」

 

食卓で家族の話題に上がっても、問題ないか、ということです。記事の内容そのものは問題なくても、たった一つの単語のせいで引っかかっているかもしれません。口に出して読んでみて、子供に説明し辛いような単語は使わないほうが無難です。

 

コンテンツが不十分じゃないですか?

例え数十記事を書いていたとしても、記事の内容があまりにも中身がないと判断されると、「コンテンツが不十分」とみなされています。

例えば

  • 画像やリンクばかりで、それらに対する説明が全くない
  • ページの文字数が少な過ぎる
  • 引用や転載ばかりで、内容が薄い

などが、コンテンツ不十分としてみなされる可能性があります。

 

また、SEOを意識して、検索ワードに上がりそうな単語をタイトルに並べたまでは良かったものの、いざ記事を見たら、その検索ワードについて一切かかれていない、というのも問題視されるかもしれませんね。

 

「プライバシーポリシー」は明記していますか?

アドセンスをブログやサイトで利用するためには、「プライバシーポリシー」の明記しているページを作ることは必須です。

また、そのプライバシーポリシーに明記すべき情報にも決まりがあります。

参照URL:AdSense ヘルプ「必須コンテンツ」
https://support.google.com/adsense/

 

上記のページを見ても、なんだか難しくて、いちから自分でプライバシーポリシーの文章を作るというのはかなりの労力が必要です。

プライバシーポリシーに関してはテンプレートやコピペOKで紹介してくれているブログがいくつもあるので、そういった例文を参考すると簡単に設置できると思います。

 

読者が安心、納得できるか

2度目の申請で、最近アドセンスの審査に通ったという友人に、1度目と2度目で何を変えたのかを聞いてみました。

すると、記事数が増えたことと、「プライバシーポリシー」の設置の他、「問い合わせフォーム」を追加しただけ、という答えが返ってきました。

「読者が安心、納得して読めるか」という意味で良かったのかもしれません。

 

まとめ

詳細な審査基準が公開されていないため、「絶対これで審査に通る!」という方法はありません。また、審査をする人や、時期によって難易度が変わるといった印象も見受けられます。

しかし、アドセンスのポリシーを見直し、「読者にとって無害で有益」というお客様目線をもって改善すれば、審査に通る日もそう遠くはないかもしれません。

 

コメントを残す