女性の副業を応援します!OL・主婦でも安心してできる在宅副業のススメ

先行きの見えない日本経済。もらえるかどうかわからない年金。一向に増えない給与。お金の問題は生活の不安につながります。

お金を増やすのに一番簡単な方法は働くことです。でも、職場では今以上の給与は見込めない。そうなると、副業という手段を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

 

私個人としては副業は大賛成です。今働いている会社が、いつまでも存続するとは限りません。会社だけに経済的に依存し、面倒を見てもらうというのは不健全なようにも思えてしまうからです。

そうとはいえ、本業に支障が出るのは問題です。本業に差し支えない程度で、自分のペースでできるものとなると、在宅で可能な副業が中心になるのではないでしょうか?この在宅での副業、男性がするのももちろん問題ありませんが、私は特に女性へおすすめしたいと思います。

 

その理由は女性のライフプランの難しさにあります。

 

男性と女性の違い

社会での男女差が少なくなったとはいえ、まだまだ女性が男性の生活スタイルに合わせることが多いでしょう。例えば男性が転勤になったとき。別々に暮らすという選択肢がなければ、女性が自分の仕事を辞めて男性について行くのではないでしょうか?

そして女性は出産をする可能性があります。産休手当てや育休手当があるとはいえ、仕事を離れことでの経済的な不安がよぎることもあるでしょう。職場復帰ができればいいですが、保育園が決まらなかったら?ここでも仕事をあきらめるのは男性ではなく、女性になるでしょう。

そういった、自分の意思とは関係なく仕事を辞めなければいけない機会は、女性の方が圧倒的に多いのです。

 

だからこそ、私は女性に在宅副業をおすすめしたいのです。

 

副業は女性のライフ保険

例えば旦那さんの転勤について行くとして。転勤先に都合よく正社員なり、パートなりの仕事があるとは限りません。でも、在宅でできる副業をしていれば、最低限自分のおこづかい程度の収入は得られます。育児中や、出産後に職場復帰できなかった場合もそうです。

急に収入がなくなる、という不安から逃れることができます。

 

また在宅とはいえ、働くことって何かしら社会とのつながりを持てるんですよね。精神的にも孤立しなくて済むのも副業をすすめる理由の一つです。在宅副業はいろいろな意味で女性のライフプランのための保険になり得ると思いませんか?

もちろん、本業から離れたときに、初めて在宅ワークを行うのもOKです。でも、本業のあるときから始めていれば、副業でもそれなりの経験を積めているはずです。無理だと思ったら、続けなければいいだけ。まずは気軽に試してみてはどうでしょう?

 

コメントは受け付けていません。